ユーザー車検の体験談

車検場:京都陸運支局

感想としては、こんなものかという感じでした。ステアリングは純正ではなく市販品でしたステアリングの直径を計測されることはありませんでした。運転席側のフィルムの検査もなかったし、ヘッドライトのステッカーも付けたままで合格しました。今回、ユーザー車検を行ったことで、車への愛車が湧いてきました。

車検場:福島陸運支局

はじめてのユーザー車検でした。車検に合格することはとても簡単でした。そのためには事前・事後の準備が大切でした。また、驚いたことは検査員がとてもやさしかったことです。予約は週末に行い、月末は混雑するのでやめましょう。洗車をして車をきれいにしておくと検査員の印象が変わります。点検整備は必ず行いましょう。

車検場:神奈川陸運支局

電光表示の指示と自分の操作がかみ合っていなく、非常に分かりづらく何がどうなっているのか分からなかったが、いつの間にか終わっていました。2番目の検査では停止ラインがどこなのかよくわからなかったです。分からない事は、係の人がやさしく教えてくれます。検査は10分くらいですが、落ち着いて指示通り進めば特に問題はありません。

車検場:小牧試験場

車検にかかった時間は約2時間でした。初めてでしたが、割とスムーズに進んだと思います。今回の車検から車検制度は、自動車重量税、自賠責の徴収がメインで、日常の整備点検はサブということだと感じました。整備・点検は必ず必要で日常行っておくべきものですが、ユーザー車検そのものは、思ったより難しいものではないということです。

車検場:愛媛陸運支局

検査の時間は全体で90分くらいでした。緊張しましたが、今思うと割と楽しかったように感じます。車検場は業者が多かったですが、ユーザー車検をやっている人も見ることができました。新車1回目の場合には特にオススメです。