ユーザー車検のコスト

ユーザー車検のメリット

ユーザー車検の最大のメリットは、車の所有者が自身で自身の車を車両検査に出しますので、整備費用や手数料がいらないということです。もし、ユーザー車検以外の方法で車検を受けると、人件費・設備の設置費・整備費などで、車検を受ける方法によって異なりますが、1万円から3万円の更なる出費となることでしょう。従って、車検費用を最大限に抑えることができます。このようなことにより、ユーザー車検を使うドライバーが増えてきています。注意点としては、メリットの裏返しですから、時間と労力を惜しまないようにすること。少しでも車の構造を知るようにすることです。車をより知ることにより、他のドライバーへの気配り、そして最終的には安全運転への意識がより一層高まるのではないかと思います。

ユーザー車検の費用

ユーザー車検だからといって、何にも費用がかからないわけではありません。車が自家用なのか乗用車なのか貨物なのかによって異なりますが、ユーザー車検を行う人は個人ユーザーが多いですので、対象は自家用乗用車(普段私たちが乗っている車です)とします。

・検査手数料
車検を受ける手数料のことです。5ナンバー車と3ナンバー車との2種類に分けられます。5ナンバー車は1,700円で、3ナンバー車は1,800円です。

・自動車重量税
車の重量によって違いがあります。そして、車検と同じサイクルで納入しますので2年分納入となります。1トンまで25,200円。1.5トンまで37,800円。2トンまで50,400円。2.5トンまで63,000円。3トンまで75,600円です。

・自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)
自賠責は必ず加入しなければいけない保険です。車検証の有効期限を越える期間に加入しなければならないので、通常は24ヶ月契約となります。自賠責保険の対象車両には区分がないので、一律22,470円(24ヶ月契約)です。

・リサイクル費用
2005年1月以前に購入し、まだリサイクル料金を払っていない場合が対象です。1度でも支払っている場合は、払う必要がありません。それぞれの車で料金は変わりますので一度(http://www.jars.gr.jp/)を参照して下さい。