What’s ユーザー車検

ユーザー車検について

ユーザー車検とは、車の車検証の所有者または使用者に記載されている者が自身で陸運局へ行き、基準に合致しているかどうかを検査し、最終目的は検査項目全てに合格することです。煩雑な事が多いですが、車検が合格した時には業者に車検を出した場合とは圧倒的に安価になります。ユーザー車検に必要書類は、自動車検査証、自動車納税証明書、自賠責保証書、定期点検整備記録簿、自動車検査票、自動車重量税納付書です。書類に不備がなければ、検査場の予約をします。そして当日、点検項目全てが合格になれば終了です。1カ所でも不備があれば不合格になります。

安さ一番、でも注意点が

車検をうける方法には、ディーラー車検、フランチャイズ車検、ガソリンスタンド車検、整備工場車検と複数ありますが、ユーザー車検が出費のかからない車検では1番です。陸運局に自分で出向きますから、平日に行けない場合には、このユーザー車検をあきらめた方が良いかもしれません。また、検査に不合格だった箇所を自分で修理できない場合は、ディーラーなどの業者に任せるしかなく、出費がかさむことになります。若干費用はかかりますが、機械がどうしても苦手であれば、ユーザー車検の代行もあります。

準備物

車検を受ける場合にももちろん必要書類があります。ユーザー車検以外であれば、依頼した業者が全て用意しますが、ユーザー車検の場合は次の書類を自分で用意します。自動車検査証、自動車納税証明書、自賠責保証書、定期点検整備記録簿、自動車検査票、自動車重量税納付書です。書類に不備がなければ、検査場の予約をします。

常日頃の整備が大切

車検場に行って検査が不合格になり、あらためてディーラーに行き自分でメインテナンスをするといったことの内容に、12ヶ月・24ヶ月点検を受けていれば、特に高年式の車であれば、検査に合格する確率も高くなります。