安心感に勝るものなし (値段よりも安心重視)

車検の種類

車検を受ける場合、複数の選択肢があります。ディーラー車検、整備工場車検、フランチャイズ車検、ガソリンスタンド車検、そしてユーザー車検があります。逆にどれを選択したらよいか迷ってしまうかもしれません。

各車検の短所

○ディーラー車検の短所:金額が高めです。(安心料とも言えます)☆自社製品以外の車には知識が少ないです。
○整備工場車検の短所:車の持ち込み・持ち帰りが基本です。(基本的に代車等はありませんが(その分価格が安めに設定してあると思えば納得できます。)☆工場により技術・価格のバラツキがあります。(個人経営が多く、横のつながりがあまりないので研修等がありません。)☆営業日は平日が基本です。☆設備面がディーラー系と比べ良いとは言えません。☆外から見ただけでは、工場の善し悪しが分かりにくいです。
○フランチャイズ車検の短所:☆持ち込み・持ち帰りが基本です。(その分価格が安く設定できます。)☆平日営業が基本です。(一部土日祝日も営業していますが、少数派です。)車検項目以外の対応は弱いです。(スタッフ研修において、車検項目を中心に研修をしています。)
○ガソリンスタンド車検の短所:☆窓口業務なので、実際整備を行う工場のイメージがつかみづらいです。☆持ち込み・持ち帰りが基本です。☆車検の実績が少ないです。☆設備・経験において弱いです。☆不具合があった場合、責任の所在が明確でない。
○ユーザー車検の短所:☆車に関する知識が必要です。☆土日しか休めない場合には、まず車検を受けられません。☆ユーザー自身で点検・修理できないと割高になります。☆車検が合格するまでは何回も車検を受けなければいけません。☆面倒くさがり屋では、書類も揃いません。

安心感はやはりディーラー車検

それぞれの車検の短所を見てもディーラー車検が短所が少ないことから分かります。そしてディーラー側も自社製品の車検ですから、細かいところまでの整備・修理が可能です。購入したユーザーからの不具合もディーラーに集まりますので、その車の弱点をよく知っています。このことから、いずれ出るかもしれない整備・修理しなければいけないところへのアドバイスも期待できます。また、全国展開している系列会社でのバックアップもあります。