正しい節約車検 (とりあえず安く済ませたい)

車検の種類

車検を受ける場合、複数の選択肢があります。ディーラー車検、整備工場車検、フランチャイズ車検、ガソリンスタンド車検、そしてユーザー車検があります。逆にどれを選択したらよいか迷ってしまうかもしれません。

各種類の特徴

○ディーラー車検:様々ある車検において、最も知られている方法で、基本自分が購入したディーラーで車検を受ける方法です。ディーラー側も自社製品の車検ですから、細かいところまでの整備・修理が可能です。また、購入したユーザーからの不具合もディーラーに集まりますので、その車の弱点をよく知っています。このことから、いずれ出るかもしれない整備・修理しなければいけないところへのアドバイスも期待できます。また、全国展開している系列会社でのバックアップもあります。
○整備工場車検:××整備工場とか、××モータースとかいうところです。いかにも、職人気質が営んでいるようにも感じますが、技術がそうでない工場があるのも事実です。
○フランチャイズ車検:車検をあらゆる面でコストパフォーマンスを追求し、ユーザーに低価格で提供しています。価格設定も一つひとつの価格が設定してあり、価格体系がとても明確です。スタッフの教育においても、システマチックであり一定以上の技術があります。
○ガソリンスタンド車検:受付自体はガソリンスタンドで行い、そして提携先の工場などで車検を行う場合と、自社の工場で車検を行う場合があります。ガソリンスタンドのカードを持っている人も多いと思いますが、たいていのガソリンスタンドでは、このカードで車検価格の割引制度があります。また、ガソリンスタンド間の価格競争も激化していますので、車検の価格も同様の動きをする傾向にあります。そして、なんといっても気軽さではトップクラスです。
○ユーザー車検:ユーザー自身が車を整備し、そして陸運支局にて車検を受ける方法です。煩雑な事が多いですが、車検が合格した時には業者に車検を出した場合とは圧倒的に安価になります。ユーザー車検に必要書類は、自動車検査証、自動車納税証明書、自賠責保証書、定期点検整備記録簿、自動車検査票、自動車重量税納付書です。書類に不備がなければ、検査場の予約をします。そして当日、点検項目全てが合格になれば終了です。1カ所でも不備があれば不合格になります。

結論

各種車検の中で少しでも費用を安くするには、ユーザー車検が一番です。どの業者にも仲介料を支払っていません。しかし、低年式の車の場合には必ずしも安価とは限りません。