ユーザーde車検

車検のおさらい

車検の正式名称は、自動車検査制度です。そして、この車検の対象車種は、ミニカー(総排気量50cc以下の普通自動車)、小型特殊自動車(トラクターや、工事用車両)を除く自動車、そして排気量250ccを超える自動二輪車です。かつ、車検は必ず受けなければならなく、これに違反すると罰則があります。ドライバーの安心・快適さを目的としているルールで、また、他車・他人に迷惑をかけないために忘れずに受けましょう。

ユーザー車検について

ユーザー自身が車を整備し、そして陸運支局にて車検を受ける方法です。煩雑な事が多いですが、車検が合格した時には業者に車検を出した場合とは圧倒的に安価になります。ユーザー車検に必要書類は、自動車検査証、自動車納税証明書、自賠責保証書、定期点検整備記録簿、自動車検査票、自動車重量税納付書です。書類に不備がなければ、検査場の予約をします。そして当日、点検項目全てが合格になれば終了です。1カ所でも不備があれば不合格になります。

ユーザー車検の長所

☆価格がとても安価です。(どの業者も介しませんから1番の低価格です。)

ユーザー車検の短所

☆車に関する知識が必要です。☆土日しか休めない場合には、まず車検を受けられません。☆ユーザー自身で点検・修理できないと割高になります。☆車検が合格するまでは何回も車検を受けなければいけません。☆面倒くさがり屋では、書類も揃いません。

こんな人にはユーザー車検

とにかく、車検を安価に済ませたい場合。平日も休みをとれる場合。(必ずしも1回で合格するとは限りませんから、平日の複数日を設定します。)検査で不合格になり、その部品を自分で修理できる場合。