車検費用の計算方法

諸費用(重量税+自賠責+検査費用)
 +
整備点検費用
 +
修理費用
 +
車検代行料

自動車重量税

車検の時に避けて通れないのがやはり税金です。それが、自動車重量税です。この自動車重量税は文字通り、車の重量(車両重量0.5トン毎)によって変化します。また2010年4月1日から、初年度登録から18年を経過した車以外は、自動車重量税の税率が下がりました。自動車重量税は、車検証の車両重量に記載された重量と、燃費や排出ガスの区分によって変化します。そして、平成21年4月1日から平成24年4月30日の間はエコカー減税があります。ただし、この制度は初回の1回の車検時のみの減税となります。以下が車検時での、減免なしの車両重量税です。500kg以下→10,000円。1,000kg以下→20,000円。1,500kg以下→30,000円。2,000kg以下→40,000円。2,500kg以下→50,000円。3,000以下→60,000円です。エコカー減税の対象車の確認には国土交通省のホームページをご覧ください。

自賠責保険料

車検の費用には、その他に自賠責保険料があります。この保険は自動車(軽自動車、バイク、原付バイクも含む)のオーナーが必ず加入しなければいけないものです。ちなみに、自賠責保険に加入していなければ車検を受けることができません。自賠責保険は通常車検時には、次の車検までの24ヶ月の加入が一般的です。ちなみに新車購入時は次の車検が3年後ですので36ヶ月の加入です。料金は24ヶ月で25,750円。36ヶ月で34,600円です。納入費用はまだあります。検査手数料です。普通自動車のケースを見ると、新規登録時には700円。新規検査時に2,100円。車検時には1,800円。自動車検査証の再交付の場合は300円となります。そして、点検整備料、車検代行料があります。これらは、車検を依頼した店そして整備内容で異なります。
最終的には、諸費用+点検整備の費用+追加整備の費用=車検の費用です。