車検はいつから受けられる?

うっかりは許されません

人間の脳はすばらしいものです。様々な事を記憶し、そして判断を行います。しかし、その記憶するすばらしい脳があるにもかかわらず、人間だれでもうっかり忘れてしまうことがあります。例えばこんな質問があったら答えられますか。「3日前の夕食、何を食べた。」この質問にすぐに答えられる人はほとんどいないでしょう。では、次の質問はどうですか。「1+1=?」。これには誰もが瞬時に答えられます。3日前の(夕食の)記憶は薄く、何十年前のこと(1+1)はすぐに返答できる。この違いは、繰り返しからくるものです。人間の脳は何回も刺激(インプット)をうけることにより、定着され、確かな記憶になっていきます。しかし、車検に関してはこの脳の働きで車検を忘れてしまった。なんてことにならないようにしてください。また、もし万が一無車検車を運転して、人身事故を起こしてしまったら、何の救済処置もありません。

早めの行動を

車検は、車検証に記載されている有効期間までに受ければいいのですが、その期間は車検満了日の1ヶ月前から車検をうけることができます。まずは、フロントウィンドにあるステッカーを見て愛車がいつ車検満了なのか確認してください。愛車の種類のより期間は違います。自家用乗用車・軽自動車ではあれば、新車登録日を基準にして、初回は3年間、2回目以降であれば2年間の期間です。車検の期限がオーバーしてしまうと、愛車に乗れなくなります。車検を受けたことがある店があれば、そこから車検の案内がくるでしょうし、ガソリンスタンドでも店員から声をかけられると思います。そして、車検を予約するには、できるだけ早くしたいものです。車検はタダではありません。しかも、状況にもよりますが必ずしも安価というわけでもありません。また、交換しなければいけない部品もあるかもしれません。そして、なにより様々な特典を受けられますから。